打ち所一つ間違っただけで恐ろしいことに

打ち所一つ間違っただけで恐ろしいことに

献血や健康診断を思い出してほしくなっていたんですが、腕の血管めがけて注射針を打ち、血液の採取を行う看護師さんがいますよね。それにも関係せず失敗する人がいるという事実。ヒアルロン酸の注入は更に難しく、且つセンスが必要です。それどころじゃなく5ミリはありまして、きりりとと肉眼で確認出来る。打ち直しは利きません。ヒアルロン酸はその注入術を専門とする医師に行ってもらったほうが、感じが好いことはいうまでもありません。そうです、血管は断然細くないです。失敗したら「ならし」が必要になってくるでしょう。打ち所一つ間違っただけで恐ろしいことになりかねなくなったのです。誰もが1回は経験したりすると思いますのですけど、一回では注射針を静脈に打つことができず、2度3度やりなおしをさせられるケース。そこには実は素人には到底察しがつかない高度な技術と、豊富な経験が必要なことを示しているのです。馴らしとは失敗を失敗と見せないために、その周りの部位にもヒアルロン酸を注入することなんです。

トップへ戻る